ビジネクストの審査について。事業資金に困っている個人事業者、法人向けのカードローン!

今すぐお金を借りたいなら即日キャッシングできる消費者金融がお勧め!

アコム

メリット
◆最短なら一時間で即日キャッシングができる!
◆初回の人は最大30日間の無利息キャッシングができる!
◆楽天銀行口座を持っている方は、こちらを振込先にすれば24時間365日振込融資できる!
デメリット
◆金利が高めなので低金利が良い場合は銀行カードローンの方がおすすめ
◆総量規制の対象なので年収の3分の1を超える借り入れはできない

アコムといえばCMでも有名な消費者金融です。
融資スピードが早く、無利息期間ありのカードローンが利用したいなら間違いなくアコムがおすすめです。
アコムは、パート主婦やアルバイトの学生も借りれるので、多くの方が借りれる消費者金融だと言えるでしょう。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
・50万円以下の借り入れ
・アコム利用限度額とほかの貸金業者からの借入の合計が100万円以下
・既に提出済みの収入証明書が3年以内の場合
上記に該当すれば不要
プロミス

メリット
◆融資スピードトップクラス、最短1時間!
◆無利息期間の長いカードローンならプロミス!(30日間)
◆三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能!
デメリット
◆消費者金融のサービスのため、銀行カードローンよりも金利が高い
◆総量規制対象のため年収の3分の1を超える借り入れはできない

プロミスのメリットはやはり申込みをしてから借入できるまでの時間が短いことです。
最短なら1時間でキャッシングができるのは非常に頼りになりますよね。
それだけでなく、初回なら30日間の無利息キャッシングができるのも、プロミスのお得な点の一つです。
消費者金融でお得に借りたいなら、プロミスの右に出るものはいないでしょう。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 無利息キャッシング パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
・50万円以下の借り入れ
・プロミスの借入額とほかの貸金業者からの借入の合計が100万円以下
上記に該当すれば不要

女性オペレーターを希望ならこちらから

320x50スマートフォン用
※プロミスの無利息キャッシングは、初回の方のみ、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

SMBCモビット

メリット
◆WEB完結申込みなら勤務先と自宅へ電話がいかない
◆WEB完結申込みならカード等の郵送物が自宅に届かない
◆最短即日利用ができるので急ぎのときもおすすめ!
◆消費者金融断トツで借入限度額が大きい!
◆安定収入があればアルバイトやパートも借りれる!
デメリット
◆アコム、プロミスと違って無利息期間がない
■総量規制の対象なので年収の3分の1を超える借り入れができない

SMBCモビットは、誰にもバレずにキャッシングがしたい人におすすめです。
SMBCモビットのWEB完結申込みを利用すれば、勤務先や自宅へ電話連絡がいかないので、会社の人間に借り入れの事実を知られることがありません。
また、消費者金融の中でも借り入れ限度額が並外れて大きいのも強いの一つでもあります。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短即日融資
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書

※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットの借り入れができる方は、安定した収入のある方となります。

ビジネクストカードローンは他社と比較してお得?

当記事をご覧になっているということは、事業性資金を借りたいという目的をお持ちかと思われます。

事業を活性化させるためにはどうしてもお金が必要になる場面がありますので、ローンが利用できれば便利です。

ただ、一般的な銀行や消費者金融のカードローンサービスは便利なのですが、事業性資金を借りることはできません。

事業性資金というのは高額なキャッシングとなりますし、万が一事業が軌道に乗らないと返済してもらえないリスクもあります。

そのため、カードローンのように使い道が自由なサービスであっても事業性資金として使うのは制限されていてることが多いです。

事業性資金は国や大手銀行が行っている事業性資金専門の融資サービスを利用する必要があります。

ただ、国や大手銀行のサービスは低金利で利用できるものの、非常に厳しい審査が行われるため、中々借りることができません。

一刻も早く借りたいという方は、ぜひビジネスローン専門サービスである『ビジネクスト』のカードローンを利用して事業に必要なお金を借りましょう。

『ビジネクスト』は事業性資金の貸し出しを専門とするローン会社ですので、事業に必要なお金を借りることが可能です。

事業性資金の貸し出しとしては珍しいことに、『ビジネクスト』はカードローン形式でお金を貸してくれるサービスを行っている会社でもあります。

そのため、カードが1枚手元にあれば、事業に必要なお金を必要な金額だけ借りることが可能です。

他のビジネスローンですとお金の貸し出しは一括となり、追加融資する際に一々再申請しなければならないのですが、カードローンでしたら限度額内のお金を自由に借入することが出来ます。

そんな便利なカードローンがある『ビジネクスト』ですが、インターネット申し込みも可能なため、手続きに時間がかからないのも特長です。

基本的に、事業性資金の借入は審査などに時間がかかることが多いのですが、『ビジネクスト』はこの審査時間が短くなっております。

流石に申し込んだ日に即日で利用することはできませんが、3日程度でカードを受け取ることが可能です。

そして、カードがあればいつでもカードローンの形で事業に必要なお金を借りることが可能となります。

スピード面でも優れており、他のビジネスローンよりも利便性が高くなっているため、オススメのカードローンです。

利便性が高い分、金利に関しては他のビジネスローンよりも高めになっておりますが、自分で借りるお金を調節していけるカードローンですので、返済計画が立てやすくなっています。

事業を始め、成果を上げてきた段階でより低金利で利用できる可能性もありますので、よりお得に利用できることもあるのです。

借入限度額については初回では500万円までとなっておりますが、後に1000万円まで増額していくことも出来ます。

また、総量規制の影響を受けないため、年収などを気にする必要がありません。

『ビジネクスト』は総量規制の影響を受けないため、事業に必要なまとまったお金を借りるにあたって便利に利用できるでしょう。

ビジネクストの審査基準は銀行のビジネスローンよりも甘い?

ビジネスローンを専門に扱っていながら、融資スピードが早い点で優れているのが『ビジネクスト』の特徴であることは先ほども説明した通りです。

ですが、これは別に『ビジネクスト』の審査が甘いとか緩いとか言っているわけではありません。

『ビジネクスト』の審査基準を満たせていない方は審査に通過することは出来ませんのでご注意ください。

ただ、『ビジネクスト』の審査基準を満たすのは銀行や国金の審査基準よりは、満たしやすい基準となります。

なんといっても銀行や国金の審査基準はかなり厳しく、お金を借りることを急いでいても、中々審査に通過できないことが多いです。

『ビジネクスト』は審査基準を満たしているかという点について厳しく審査を行いますが、審査基準を満たしていれば審査に通過できる見込みは十分あります。

さて、『ビジネクスト』の審査ですが、まず担保や保証人が必要ないという点で、銀行や国金より審査基準を満たしやすいといえるでしょう。

何も担保になりそうなものをまだ持っていなかったり、保証人に心あたりがなかったとしても特に不利になることはありません。

ただ、法人カードローンの利用時には保証人が必要となりますので、その点はご了承ください。

次に、ビジネスローンというと審査の際に必ず提出することになるのが「決算書」です。

銀行や国金はこの決算書の内容が確認され、決算状況が赤字だったりするとその時点で審査落ちなんてこともあります。

ですが、『ビジネクスト』でしたら決算書が赤字であっても融資してくれることはあります。

もちろん、決算状況が良好であればそれだけ審査に通過しやすくなりますが、赤字であっても審査に通過する見込みはあるのです。

また、業績年数についても『ビジネクスト』は1年以上から審査に通過できるようになってきます。

銀行や国金の審査ですと、業績年数が2年ないと審査に通過できない金融機関が多いのですが、『ビジネクスト』でしたら1年から審査に通過できる可能性が生じてくるのです。

そのため、資金が足りず、まだ事業が波に乗らないといった時に事業を活性化させる資金を借りることも可能となります。

以上で説明しましたように、『ビジネクスト』の審査自体が甘い・緩いというわけではありませんが、銀行や国金より審査基準が満たしやすいのは事実です。

審査基準が満たせていれば当然審査に通過する可能性も高まりますので、事業に必要なお金を借りる可能性は十分にありますよ。

ビジネクストのメリット表はこちら

ビジネクストカードローンで審査落ちしないための3つのポイント

審査基準を満たせば『ビジネクスト』の審査に通過することが可能ですが、やはり高額キャッシングとなりますので審査は厳しいのは事実です。

こちらでは、より『ビジネクスト』の審査に確実に通過できるよう、気を付けたい3つのポイント解説します。

事業性資金が自由に借りられるカードローンは便利ですので、こちらの解説をご参考のうえ、審査に臨む態勢を固めていきましょう。

書類提出は万全に

どのキャッシング会社を利用する際にも書類の提出は万全にすべきですが、『ビジネクスト』に申し込む際にはより万全を期しましょう。

『ビジネクスト』は皆さまが提出した書類で審査結果を判断するのですから、書類に不備があれば審査に落ちてしまう危険があります。

そもそも、書類がきちんと提出できなければ事業そのものに対する評価も著しく低くなってしまいかねません。

決算書などの作成に関しては絶対に不備がないように、慎重に作成しましょう。

場合によっては専門家などの力を借りて、書類作りをきちんと行うこともオススメします。

書類提出が万全でしたら、それだけ審査に通過できるだけの信用を得ることも可能となりますので、ぜひこのポイントは抑えてください。

返済は絶対に延滞しないように

カードローンは自分で返済スケジュールなどを組み立てやすいサービスですが、その分返済をきちんと行うことが求められます。

過去に返済の延滞などの履歴がありますと、審査に通過する見込みもかなり低くなるでしょう。

逆にいえば、きちんとした返済実績を保っている方でしたら『ビジネクスト』の審査においてアドバンテージを得ることが可能です。

また、『ビジネクスト』の初回審査に通過した後もきちんと毎月の返済については期日通りの返済を継続していきましょう。

返済実績が良好ならば、より高額なキャッシング枠まで増額(増枠)していくことも可能になりますし、金利についても好条件になる可能性があります。

返済を延滞せずに、期日通りしていけばより有利な条件でキャッシングを利用していけますので、返済はきちんと行いましょう。

保証人がいればより落ちにくくなる

先ほども説明しましたが、『ビジネクスト』は保証人が居なくても申し込むことが可能なのが利点です。

ですが、法人カードローンの場合は保証人が居なければなりませんし、やはり保証人がいればそれだけでアドバンテージとなります。

一般カードローンの申し込みでも保証人になってくれるような人を一応探しておきましょう。

そうすることで、より審査に通過できる可能性が高まってきますので、審査落ちを避けたい方はぜひ心当たりがある人に相談してみてください。

以上で説明した3つのポイントをきちんと抑えていれば審査に通過する可能性を高めることができるでしょう。

事業性資金を借りるにあたって、やはり悩ましいのは金融会社の設けている審査です。

審査基準をしっかりと守ったうえで上記の3点がしっかりと守られていれば便利な『ビジネクスト』のカードローンが利用可能になる可能性は高まります。

事業性資金を借りたいけれど審査が不安という方にもオススメです。

ビジネクストカードローンの口コミ評判

最後に『ビジネクスト』のカードローンに対する口コミをまとめてみました。

やはり、実際に『ビジネクスト』を利用したことのある方の口コミは参考になります。

こちらでは信用できる口コミについてまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

口コミ1

銀行は相手にもしてくれなかったけど、『ビジネクスト』は200万円貸してくれて助かりました

やはり、銀行に比べると審査基準が満たしやすいため、審査に通過できたという口コミは多めです。
この口コミからは銀行のビジネスローンの審査が厳しいことも読み取ることが可能です。
申し込み条件も厳しく、そもそも申し込むことすらできなかったなんて方も多いので、やはり銀行からお金を借りるのは難しくなっています。
上記で解説した点を守りつつ、ぜひ『ビジネクスト』に申し込んでみましょう。

口コミ2

個人事業主だったから審査が心配だったんだけど、なんだかんだでもう10年利用しています

『ビジネクスト』は条件がきちんと満たせていれば個人事業主の方にもお金を貸してくれる会社です。
個人では審査に通過できないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、『ビジネクスト』でしたらそんなことはありません。
10年の付き合いという口コミを見る限り、長年利用していけるカードローンであることも伺えます。

口コミ3

銀行以外でビジネスローンサービスを提供してくれる会社が少なくなった今、『ビジネクスト』の存在はありがたい

以前は『ビジネクスト』以外のビジネスローンサービスも多くあったのですが、規制の強化などで減少してしまいました。
事業性資金を借りられる会社そのものが減ってきた中、『ビジネクスト』は良心的なサービスを継続している会社として信頼されていることが伺えます。

以上の口コミから、『ビジネクスト』が事業性資金を借りるビジネスローンサービスとして人気があるということがご理解いただけたかと思われます。

審査に落ちてしまったという口コミもみられますが、当記事をお読みいただいた皆様でしたら審査に通過できる可能性も高いです。
事業を展開するお金については、ぜひビジネスローンの『ビジネクスト』で用意していきましょう。

ビジネクストのメリット表はこちら

今すぐお金を借りたいなら即日キャッシングできる消費者金融がお勧め!

アコム

メリット
◆最短なら一時間で即日キャッシングができる!
◆初回の人は最大30日間の無利息キャッシングができる!
◆楽天銀行口座を持っている方は、こちらを振込先にすれば24時間365日振込融資できる!
デメリット
◆金利が高めなので低金利が良い場合は銀行カードローンの方がおすすめ
◆総量規制の対象なので年収の3分の1を超える借り入れはできない

アコムといえばCMでも有名な消費者金融です。
融資スピードが早く、無利息期間ありのカードローンが利用したいなら間違いなくアコムがおすすめです。
アコムは、パート主婦やアルバイトの学生も借りれるので、多くの方が借りれる消費者金融だと言えるでしょう。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
・50万円以下の借り入れ
・アコム利用限度額とほかの貸金業者からの借入の合計が100万円以下
・既に提出済みの収入証明書が3年以内の場合
上記に該当すれば不要
プロミス

メリット
◆融資スピードトップクラス、最短1時間!
◆無利息期間の長いカードローンならプロミス!(30日間)
◆三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能!
デメリット
◆消費者金融のサービスのため、銀行カードローンよりも金利が高い
◆総量規制対象のため年収の3分の1を超える借り入れはできない

プロミスのメリットはやはり申込みをしてから借入できるまでの時間が短いことです。
最短なら1時間でキャッシングができるのは非常に頼りになりますよね。
それだけでなく、初回なら30日間の無利息キャッシングができるのも、プロミスのお得な点の一つです。
消費者金融でお得に借りたいなら、プロミスの右に出るものはいないでしょう。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 無利息キャッシング パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
・50万円以下の借り入れ
・プロミスの借入額とほかの貸金業者からの借入の合計が100万円以下
上記に該当すれば不要

女性オペレーターを希望ならこちらから

320x50スマートフォン用
※プロミスの無利息キャッシングは、初回の方のみ、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

SMBCモビット

メリット
◆WEB完結申込みなら勤務先と自宅へ電話がいかない
◆WEB完結申込みならカード等の郵送物が自宅に届かない
◆最短即日利用ができるので急ぎのときもおすすめ!
◆消費者金融断トツで借入限度額が大きい!
◆安定収入があればアルバイトやパートも借りれる!
デメリット
◆アコム、プロミスと違って無利息期間がない
■総量規制の対象なので年収の3分の1を超える借り入れができない

SMBCモビットは、誰にもバレずにキャッシングがしたい人におすすめです。
SMBCモビットのWEB完結申込みを利用すれば、勤務先や自宅へ電話連絡がいかないので、会社の人間に借り入れの事実を知られることがありません。
また、消費者金融の中でも借り入れ限度額が並外れて大きいのも強いの一つでもあります。

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短即日融資
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書

※即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットの借り入れができる方は、安定した収入のある方となります。