自営業がお金を借りるときに頼れるカードローン、事業者ローンは?

自営業として独立、事業資金を借りたい!カードローン審査には通らない?

当記事をご覧の方の中には、会社を辞めて独立してみたいとお考えの方もいらっしゃるかと思われます。

日本社会も終身雇用といったシステムはほとんど形骸化し、同じ会社でずっと働くという人も少なくなってきました。

自分自身の実力や技術を信じて、事業を興して展開していきたいと考えている方も多いでしょう。

しかしながら、そういった目標を叶えるために必要なお金の調達が悩みどころです。

昔ほどお金がなくても事業を始めることはできるのですが、拡大していくには資金が必要となります。

その資金が足りなくて自分の思い描く事業展開ができないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そういった方にはビジネスローン専門会社の『ビジネクスト』のカードローンを利用することをオススメします。

事業性資金というのは通常のカードローンなどで借りられないことになっています。

やはり高額な融資となりますし、事業の内容なども詳しく審査しなければなりませんので、通常のカードローンとは別に設けられているのです。

銀行や国などが事業性資金の貸し出しをしていることが多いのですが、審査が非常に厳しく中々通過できないケースが多くなっています。

特に国や銀行は自営業(個人事業主)に対してお金を貸さない傾向にありますので、個人で事業を展開している方は借りられないことが多いのです。

そんななか、ビジネスローン専門会社である『ビジネクスト』のカードローンは、利用条件をきちんと満たしている方でしたら個人事業主の方も利用可能です。

普通、銀行や国の事業性資金は事業成績が優秀でないと審査に通過することはできないのです。

また、個人事業主の方は審査に通過するのが難しく、ほとんどの場合落とされてしまいます。

一方『ビジネクスト』でしたら事業成績が赤字であっても審査に通過する可能性はあります。

『ビジネクスト』は自営業や個人事業主の方に対しても積極的に利用を認めている会社だからです。

また、インターネットから申し込むこともでき、審査に通過できれば最短で3日程度でカードローンの利用が可能になりますので便利です。

さらに、カードローンですので、事業の展開次第でお金が必要になったタイミングで借り入れすることができますので柔軟に利用できるようにもなっています。

事業性資金が借りられるカードローンは中々ないので、事業に必要なお金を借りたいという自営業(個人事業主)の方は『ビジネクスト』のカードローンの利用も考えてみてください。

ビジネクストのメリット表はこちら

生活費としてなら自営業もカードローンの利用は可能?

先ほど述べたように、通常のカードローンでは事業性資金を借り入れることは出来なくなっています。

ですが、自営業(個人事業主)の方が生活費として借りるぶんには全く問題はありません。

たとえば消費者金融プロミスは事業性資金としての借り入れ以外でしたら使い道自由なカードローンサービスとなります。

事業性資金以外の借入でしたら最短1時間で融資してくれるといったスピード性を持っており、すぐにお金を借り入れることが可能です。

借り入れ限度額についても500万円と高額になっており、高額キャッシングも利用していくことができます。

アコムやアイフルといった他の消費者金融よりもちょっぴり金利がお得ですから、生活費としてのお金を借りたいならプロミスの利用を検討してみてください。

プロミス

また、銀行カードローンである三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』も自営業(個人事業主)の方が借入することができるローンサービスです。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』も事業性資金としてのお金の貸し出しは行っていませんが、それ以外の利用用途を認めています。

そのため、生活費としてのお金でしたら自営業(個人事業主)の方も借り入れが可能となるのです。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は銀行カードローンとなりますので、年1.8%〜14.6%と低く設定されています。

また、提携ATMの手数料が無料となっており、借入・返済がしやすくなり、便利に利用していくことが可能でしょう。

さらに、融資スピードに関しても最短即日融資をしてくれますので、便利に利用していくことが出来ます。

銀行カードローンの審査は厳しいと言われていますが、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用条件である「安定した収入の確保」が出来ていれば審査に通過することは可能です。

そのため、自営業(個人事業主)の方も収入を安定させることでローン審査に通過することができます。
収入の安定性に自信がないという方はアルバイトといった副業をするなどして収入を安定させていきましょう。

バンクイック

事業性資金に充てることは出来ないものの、使い道自由なカードローンが即日で利用可能になるという点で両サービスは優秀です。
自営業(個人事業主)の方でも安定した収入があれば審査に通過できますので、ぜひプロミスや三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のご利用も検討してみましょう。

自営業がお金を借りるならどこ?

自営業(個人事業主)の方が借りるとしたら一体どの金融機関から借りるのが最も審査に通過する可能性が高いのでしょうか。

こちらでは上記で紹介した『ビジネクスト』、消費者金融のプロミス、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の3社それぞれの審査について解説します。

事業者金融『ビジネクスト』の審査

『ビジネクスト』は事業性資金の借り入れ専門の会社ですので、事業性資金をお求めでしたら『ビジネクスト』を利用すべきです。

銀行や消費者金融のカードローンは事業性資金の貸し出しはしていませんので、必然的に『ビジネクスト』に頼ることになります。

『ビジネクスト』以外にも事業性資金ローンはありますが、自営業(個人事業主)の利用は認めていないところが多いです。

その点、『ビジネクスト』のカードローンでしたら自営業(個人事業主)の方も審査に通過できる可能性はあります。

事業性資金を借りるにあたって、自営業(個人事業主)の方が審査に通過する可能性が高いといえますので、ぜひ利用を考えてみてください。

ビジネクストのメリット表はこちら

消費者金融プロミスの審査

プロミスは事業性資金の借り入れができないため、事業性資金の借り入れを求めている方は利用できません。

ですが、生活費用などに関しては自営業(個人事業主)の方も借り入れが可能となります。

プロミスは20歳以上69歳以下で安定した収入を得ていれば、自営業(個人事業主)の方も借り入れができる会社です。

審査時間も最短30分と短く、最短1時間で借り入れが可能になりますので、融資スピードに関して非常に優秀です。

利用条件が満たせていれば審査に通過することも可能となってきますので、ぜひ自営業(個人事業主)の方はプロミスの利用も検討してみましょう。

プロミス

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』もプロミスと同じく、事業性資金の借り入れはできませんが、生活費の借入は可能です。

銀行カードローンというと他の金融機関より審査が厳しめになる傾向が多いです。

ですが、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』はきちんと「安定した収入がある」という利用条件が満たされていれば自営業(個人事業主)も利用することができます。

バンクイック

以上の説明を読んでいただければわかっていただけると思われますが、事業者金融と消費者金融・銀行カードローンはサービスそれ自体が異なります。

事業者金融の『ビジネクスト』は事業性資金の借入専門の会社ですので、生活費用など他の利用用途に充てることができません。
一方、プロミスと三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は基本的に利用用途が自由ですが、事業性資金には充てることができません。

つまり、『ビジネクスト』とプロミス・三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は正反対なのです。

そのため、皆様がお金を借りたい理由によって、どの会社を選ぶかが変わってきます。

自営業(個人事業主)の方が事業を展開するためのお金を借りたいのでしたら、事業者金融の『ビジネクスト』がオススメです。
自営業(個人事業主)でも利用できる事業者ローンは珍しいので、ぜひ自営業(個人事業主)の方は『ビジネクスト』に申し込みましょう。

プロミスと三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』はどちらの会社も事業性資金以外に利用できるお金が借りられます。
自営業(個人事業主)で生活費などを借りたいのでしたらプロミスか三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』に申し込みましょう。

消費者金融のプロミスは30日間無利息キャッシングもあり、どちらかといえば少額ローンで強みを持つ会社です。
それに対し三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は低金利で、高額の借入も可能という強みを持っています。
どちらも即日で融資してもらえる会社ですので、ご利用金額などで申し込む会社を選びましょう。

自営業がカードローンやビジネスローン審査に落ちたら出資サイトや個人間融資を利用しても良い?

自営業(個人事業者)の方がカードローンやビジネスローンの審査に落ちた場合、他の方法でお金を調達しようとしている方もいらっしゃるかと思われます。

出資サイトや個人間融資、知り合いからのカンパなどが考えられますが、こういった方法でお金は集まるのでしょうか。

実際に、出資サイトなどでお金を集めたという体験談もインターネットでみられますが、これらは無条件で受けられるものでは決してありません。

それなりの信用も得なければなりませんし、事業自体が成功できる内容であることをアピールしていかなければなりません。

そのため、すぐに借りることができるかといえば、そんなことも無いのです。

また、出資サイトや個人間融資、知り合いからのカンパというのは人心によって左右されますので、借りられるか否かという点が不安定なのです。

どちらにしろ、まともなお金を得るのならその前に信用を得る必要がありますから、リスクが大きく、法整備も行き届いていない領域で金銭のやり取りをするよりは、しっかりと審査対策をして事業者金融の『ビジネクスト』を利用することを検討する方がオススメです。

審査に通過すれば確実に借りられる事業者金融『ビジネクスト』で事業を拡大してから、出資サイトなどで事業をアピールしてみるのもよろしいかもしれませんね。

ビジネクストのメリット表はこちら

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての人のみが対象です。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※プロミスの無利息キャッシングは初回限定、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です