東京スター銀行おまとめローンの口コミ評判・審査を辛口レビュー

「借金を一本化して、毎月の返済を楽にしたい・お得に返済したい」
という人におススメなのがおまとめローンです。

近年では、多くの金融機関でおまとめローンの取り扱いが行われています。東京スター銀行もおまとめローンを取り扱っている銀行の一つです。

今回は、東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)について、メリット・デメリットを紹介しながら、鋭い視点でレビューします。

東京スター銀行おまとめローン

メリット
■おまとめすれば返済も楽になる!
■金利が低いのでお得!
■借りるのは一度だけなのであとは計画的に返済するだけ
デメリット
■銀行のため審査が厳しめ
■カードローンのように繰り返しの借入ができない

東京スター銀行おまとめローンでおまとめすれば、月々の借金返済が楽になります。借入限度額も大きいので、多額の借入をしている人も借金を一本化できる可能性が高いです。

東京スター銀行おまとめローンについてもっと詳しく!

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
12.5% 30万円~1000万円 仮審査期間 最短3日
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 仮審査あり
収入証明書

お試し診断するならコチラ!

東京スター銀行おまとめローンの金利と特徴


複数のローンをまとめて一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローンとして、東京スター銀行が提供しているのが『スターワン乗り換えローン』というおまとめローンです。

東京スター銀行おまとめローンは、年率12.5%と低金利の商品であり、おまとめ借り入れ額の範囲は30万円から1000万円までと幅広いです。

そんな東京スター銀行おまとめローンの返済額を少しだけ紹介してみます。
以下の表は、公式サイトに掲載されている情報から抜粋した具体例です。
自分が毎月払っている返済額の合計と比較してみてください。

おまとめ借り入れ額
毎月の返済額
100万円
14,637円
300万円
43,912円
600万円
87,825円

借入額に対する毎月の返済額の表を見て分かるように、
東京スター銀行おまとめローンで、

100万円借りた場合の毎月の返済額は14637円

300万円借りた場合の毎月の返済額は43912円

600万円借りた場合の毎月の返済額は87825円

となります。

もし、
現在、借りているローンの毎月の支払額が↑の金額よりも高かった場合

金利が12.5%よりも高いローンを利用している場合
は、東京スター銀行おまとめローンへ乗り換えるのもアリかもしれませんね。

では、そんな頼りになる東京スター銀行おまとめローンですが、こちらの利用条件はどのようになっているのでしょうか。

単刀直入に言いましょう。

東京スター銀行おまとめローンの利用対象者は、20歳以上65歳未満で本人名義の収入が証明できる人となっています。
また、年収が200万円以上の人という縛りもあります。

これらの条件を満たしていれば正社員だけでなく契約社員や派遣社員といった雇用形態の人でも申し込みができます。

その一方で、200万円以上であっても自営業・パート・アルバイトの人は東京スター銀行おまとめローンを申し込むことができません。(一般のカードローンである、スターカードローンであれば申し込み可能です)

返済は、ローン契約者本人の東京スター銀行口座から自動引き落としという形がとられます。
毎月の決まった返済以外に繰り上げ返済を行うことも可能であり、その場合はインターネットのマイページから手続きをすることができます。借金をおまとめするということは、返済日もまとまるということ。
迫りくる返済日から解放されると言おうのも、おまとめローンの大きなメリットですね。

この東京スター銀行おまとめローンの特徴は2つあります。

1つ目は、『来店不要で申し込み~契約を行える』
金融機関によっては、おまとめローンに限りネットでの契約ができないケースがあります。
平日勤務・土日休みの仕事をしていると、なかなか銀行窓口に出向くことが難しいという人もいるでしょう。
東京スター銀行おまとめローンであれば、来店不要・インターネットと郵送での手続きが可能です。
もちろん、来店や電話での手続きも可能ですが、パソコンやスマートフォンから時間を気にせずに申し込みを行うことができるのは、非常に便利なサービスではないでしょうか。
2つ目は、『最高利用限度額1000万円と幅広いローンをまとめることが可能』
複数のローンをまとめて返済していくのがおまとめローンの目的です。そのため、おまとめローン側の限度額が低いと、すべてのローンをまとめることができないこともあります。
東京スター銀行おまとめローンであれば、最高利用限度額が1000万円と高額なので、幅広いニーズに対応することができます。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの申し込みの流れや、必要書類を知ろう


東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)の申し込みは、インターネット・電話・店頭窓口にて行うことができます。
今回は、時間・曜日問わず申し込みができると人気のインターネットでの申し込みの流れを解説していきます。その他の申込方法については、東京スター銀行の公式ホームぺージを参照してください。

(1)公式ホームぺージの専用フォーマットを送信することで仮審査申し込みとなります。銀行の営業時間などを気にすることなく、深夜や早朝でも申し込みは可能です。
(2)その後、仮審査の結果が電話、メール、郵送のいずれかで連絡が入ります。(どの方法での連絡がいいか希望を出すことはできません)
(3)仮審査に通った場合は、自宅に本審査の申込用紙が届きます。必要事項を記入・必要書類を同封させて返送することで大きな手続きは完了です。
本審査の審査結果も、仮審査同様に電話・メール・郵送のいずれかで連絡が入ります。

申し込みに必要な書類は2点のみとなっており、「写真付きの本人確認書類のコピー」「前年度の収入が証明できるものの写し」が必要です。
本人確認できる書類に関しては、顔写真が付いており名前・生年月日・住所が明記されていることが必須条件となります。
本人確認書類としては、運転免許証やパスポート・住民基本台帳カードが使われることが一般的ですね。

収入証明に関しては、源泉徴収票や確定申告書・住民税決定通知書・課税証明書のいずれか1点を用意しましょう。
入社1年未満で上記の書類が手元にない場合に限り、直近3ヶ月の給与明細で代用することが可能です。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの審査時間はどれくらい?


複数の借り入れをおまとめするわけなので、おまとめローンの審査は通常よりも時間をかけて慎重に進められます。それは東京スター銀行おまとめローンでも例外ではないので、すぐにでも借り換えたい人は早めに申し込んだほうがよいでしょう。

東京スター銀行おまとめローンの仮審査は、申し込みから最短3日で結果がわかり、利用開始までは最短2週間ほどかかるとされています。
これはあくまでも不備なく円滑に進んだ場合の目安であり、審査を行う部署自体は平日のみの稼働なので、平均して1ヶ月以内に利用を開始する人が多いようです。
少なくとも即日でのおまとめはできないので、計画的な利用が大切でしょう。

手続き完了までを少しでもスムーズにしたいなら、先ほど解説した必要書類を事前に用意しておく、書類への記入ミスをしない、ネット申し込みを利用するといったことに気を付けるとよいでしょう。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの審査は甘い?口コミ評判から審査難易度をチェック


ズバリ言うと、東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)は審査が甘いということはありません。
むしろ、厳しいという口コミ評判が多いです。「公務員で15年勤務していたが、審査落ちした」「誰でも知っている企業に勤めており、年収も同年代よりもあるのに審査を通過できなかった」という人もいて、口コミ評判を見る限り誰でも審査に通るわけではなさそうです。

まず大前提として、資金使途自由な一般カードローンよりも、借り換え専用のおまとめローンのほうが審査は厳しく慎重に行われているということを頭に入れておきましょう。
これは、東京スター銀行に限った話ではなく、おまとめ系のローンを提供している金融機関に共通して言えることです。

・一般的なカードローンよりも融資額が高額になること
・現在の返済を続けていくことが厳しくなり、ローンの一本化をする人が多いこと
・複数社の借金を抱えているということ など

これらが審査の難易度をあげている要因でしょう。
そのため、東京スター銀行のスターカードローンよりも、おまとめローンのほうが審査通過率は低くなるものと考えられます。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの審査基準は?

東京スター銀行おまとめローンには利用できる人の条件が設けられており、これも審査基準の一部と言えるでしょう。
その条件は以下のとおりです。

・満20歳以上、65歳未満である
・給与所得者である(正社員・契約社員・派遣社員である)
・年収が200万円以上である
・保証会社(東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる

これらの条件を満たしたうえで、東京スター銀行の審査基準に従って審査が進められていくことになります。
審査基準についての明確な情報は公開されていませんが、おおよその傾向というものは予想されています。

審査において融資する側が重視するのは「収入状況」「返済実績」です。

【収入状況】

決められた返済日を守り、安定したペースで返済をしてもらうためには、安定した収入が欠かせない。というのは当然のことですよね。
収入が充分でないのにお金を貸すのはリスクが大きいですし、毎月の収入はあるけどその金額が月によってまちまちで安定していない場合も同様です。
そういったリスクを避けるために、東京スター銀行おまとめローンには上述した申し込み条件が設けられています。

東京スター銀行おまとめローンにおいては、審査が厳しいというよりもこの申し込み条件が厳しいとも言えます。

「安定した収入」を重視しているのでパートやアルバイトの申し込みは不可ですし、年収の縛りもあります。
誰でも気軽に申し込めるものではないのです。

安定性に関わってくる「雇用形態」や「勤続年数」といった項目はポイントとなるでしょうが、申し込み条件をクリアしてしまえば審査自体はそこまで厳しいものではないという口コミ評判もあります。

【返済実績】

安定した収入があるからといっても、それがコンスタントに返済してくれることとイコールにはなりません。
申し込み者がこれまでどのようなお金の借り方をしてきたか、どのような返し方をしてきたかという過去の実績を、個人信用情報なども含めて調査されます。

借り換えをして本気で完成をめざすのが東京スター銀行のおまとめローンですから、計画的な利用ができる人なのか、信用のおける人かなのかを、過去の情報から総合的に判断するということです。

そのため、過去に何度も滞納を繰り返していたり、個人信用情報機関に事故情報が登録されたりしている人が審査に通るのは難しいでしょう。

先ほどの口コミ評判からもわかるように、東京スター銀行は勤務先の規模や職種の安定性よりも『個人』を重要視しているようです。おまとめをしようとしているのですから、申込者に複数社からの借り入れがあることは東京スター銀行側も承知の上。重要なのは、その人が完済することに現実味があるかどうかです。

あなた自身の「現在の状況」「過去の行動」から返済への本気度が伝われば、東京スター銀行おまとめローンの審査に通過することは十分可能でしょう。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの在籍確認はどのような流れで行われる?


ローンの契約にあたって、ほぼ100%に近い確率で行われる「電話による在籍確認」ですが、東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)も例外ではありません。
審査の段階で、勤務先に電話で在籍していることを確認します。

勤務先に電話をかける際は、東京スター銀行という企業名は名乗らずに、審査担当者の個人名で行います。

「○○(担当者個人名)と申しますが、●●様(申込者名)はいらっしゃいますでしょうか?」といった具合です。

自分の勤務中に入電した場合は、「●●●●様(フルネーム)でいらっしゃいますか?東京スター銀行の審査担当○○と申します。これにて在籍確認、完了となります。ご協力ありがとうございました」となります。

本人が電話に出ることができない場合でも、「●●は、本日休みをいただいております」「●●は只今外出中です」といった様に申込者はこの会社に在籍しているが今は不在であるという旨の回答をしてもらえれば、在籍確認問題なしとなります。

しかし、「●●というものは在籍しておりません」「●●はすでに退職済みです」など申込者がこの会社には存在しないという趣旨の回答がなされてしまうと、在籍確認できなかったと判断されてしまい、審査を通過することはできないでしょう。

申込者本人と確認ができた時点で初めて「東京スター銀行からの電話である」という旨が伝えられるのであって、申込者以外の人に対しては在籍確認の電話であることを口外したりしません。
ローンを組もうとしていることが、会社の人にバレてしまうのではという心配は不要です。個人宛にあまり入電がない勤務環境の人は、クレジットカードや保険の申込をしたから電話がかかってくるかもしれないと伝えておくと良いでしょう。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

東京スター銀行おまとめローンの口コミ評判は?

ここで、利用者の口コミ評判をいくつか見ておきましょう。

30代前半、派遣社員、男性、年収350万

A社への返済日を乗り切ったらすぐにB社への返済日がやってきて……
毎月、ほとんどの時間を返済のことで悩まねばならない状況に疲れていました。
そこで、複数の借金を1件にまとめるべく、おまとめローンの利用を検討することに。
初めての利用で不安だったので消費者金融より銀行のほうが安心感がありましたし、おまとめローンのサービスで実績のある東京スター銀行のおまとめローンを選びました。
金利が低かったのも決め手のひとつになりました。
実際の審査には多少時間がかかった印象はありますが、個人の属性や状況をしっかり見ていると思えば、やはり即断即決で貸してもらうよりも安心できました。
だいぶ気持ちが楽になったので、返済に対して前向きな気持ちになっています。

20代後半、会社員、女性、年収不明

生活費の補填を目的に借りた4件総額100万円のおまとめをしようと申し込みました。
年末年始の時期で時間がかかるかもしれないとのことでしたが、1か月弱ぐらいで実行してくれました。
返済の負担が大きくて毎月ギリギリの状態でしたが、今は半額ぐらいになったので少し余裕が持てます!
ゆっくりコツコツと返していけそうです!!

20代前半、契約社員、男性、年収250万

審査で落とされました。
おそらく、滞納しちゃってるのがだめだったんでしょう。
5件も借金がありますし。
申し込み条件は大丈夫そうだったのでダメ元で申し込んでみたんですが、結構待ったうえに結局だめでした。
別の手段を考えます。

40代前半、飲食業、男性、年収600万

4つの会社から合計で200万の借り入れ。
4社は多いので審査に落ちるという話もあったが、承認された。
予想では1ヵ月程度かかると言われ、だいたいそれぐらいだったと思う。
これまでの重荷から解放されたので正直ありがたい。申し込む価値はあると思う。

50代前半、公務員、男性、年収750万

娘2人の大学入学と卒業が重なったり、旅行で使いすぎたりしたことで何件かの借金をしていたんですが、それらを一本化しておいたほうがよいと考えおまとめローンに申し込み、利用できました。
ネットや郵送で完結できましたし、銀行とのやりとりですから家族の目を気にする必要もなく。
繰り上げ返済に手数料がかからないとか、借入限度額が高いとか、いくつか利点があるのでおすすめできるかなという感じです。
ただ、厳しく審査しているのかある程度待たされた記憶があります。
土日に手続きを進められたので、仕事の調整をする必要もありませんでしたが、審査そのものは平日にやっているみたいなのでそのせいもあったのかなと。
時間に余裕を持って申し込んだ方がよく、急いでる人には向かないかもしれませんね。

このように東京スター銀行は、数あるおまとめ系ローンのなかでも非常に口コミ評判の評価が高いのです。
これは東京スター銀行が、銀行のおまとめローンの先駆けとして他の銀行の一歩先を行っていたことが大きく影響しています。
いち早くおまとめローンという商品を始めたこともあり、おまとめローンのノウハウが確立されているという安心感から良い評価に繋がっているものと考えられます。

マイナスの口コミ評判としては、申し込みからおまとめ完了までの期間が長いという意見が見られました。上でも記載しましたが1ヶ月程かかる場合もあるので時間に余裕をもって申し込みをすることが推奨されます。

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

まとめ


ローンを一本化するためのおまとめローン系商品を提供している金融機関は増えてきています。どの金融機関を利用しようか悩んだとき、つい金利に目をとられがちです。
金利が低いローンでまとめることも大切ですが、それ以外にも自分が便利だなと思える特徴を兼ね備えた商品を選ぶと良いでしょう。

東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)は低金利であることに加え、来店なしでの契約や高い限度額などの強みがある内容となっています。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

東京スター銀行おまとめローンの目次へ戻る

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※プロミスの無利息キャッシングは初回限定、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です